THE PEOPLE IN FOG - 1977

Artist THE PEOPLE IN FOG
Title 1977
Label SOUND OF VAST
Catalog # SOV018
Genre House
Release W 26 - 2021
Format Vinyl - EU2LP

"DJ SODEYAMAの別名義 PEOPLE IN FOGのニューアルバム。キャリア30年近いDJ SODEYAMAの経験と知識が惜しみなくWarehouseスピリッツで形作られたフル・ヴォリュームなハウスミュージック・アルバム。

特典音源
*DOWN THE DRAIN FEAT. SUNGA (LICAXXX REMIX)
*アルバム未収録曲2曲のDLコード"

DESCRIPTION
Tokyo’s DJ Sodeyama returns as The People In Fog this June, delivering his new album under the alias, ‘1977’, first time in eight years via Sound Of Vast.

Yoshifumi Sodeyama better known to most as DJ Sodeyama has been a driving force in the Japanese underground electronic music scene for many years now, over the past decade and a half he’s been releasing his techno material via the likes of Nina Kraviz's трип, Dynamic Reflection, his own Arpa Records and more. Here though Sodeyama shifts focus to his The People In Fog guise with his new album, the alias was started in 2013 and is a project based on house grooves and unique beats. After the debut album ‘A Ray of Light’ was released eight years ago, he delivered three EPs for Sound Of Vast established in Amsterdam, among which, the ‘Higher’ EP turned out to be a big hit.

Across the ‘1977’ LP, named after the year Chicago’s highly influential Warehouse was born, Sodeyama presents a range of styles in the field of House, from percussive-led, hypnotic offerings like opener ‘South Jefferson’ and ‘Less Is More’, the jazz-tinged aesthetic of ‘No Boundaries’ and more groove driven compositions like ‘Come To Me feat. Monkey Timers’ and ‘Mr. Dub’ which lay focus on swinging drums, snaking bass grooves and chanting vocals.

The final three tracks from the project also shine a light on some acid house influences with a recurring theme of squelchy 303 lines amidst ethereal pad textures, dynamic drums and infectious vocal hooks.

‘1977’ presents the accumulative knowledge and experience of a DJ career which reaches beyond 30 years and further showcases Sodeyama’s passion towards music, all compiled into one long player.

東京を拠点に活動するDJ Sodeyamaの別名義The People In Fogによる8年ぶりのアルバム『1977』が〈Sound Of Vast〉よりリリース。

DJ Sodeyamaは、日本のアンダーグラウンド・エレクトロニックシーンを長年に渡り牽引してきた。ここ15年ほどは、Nina Kravizの〈трип〉や〈Dynamic Reflection〉、自身のレーベル〈Arpa Records〉などからテクノにフォーカスした作品のリリースを重ねてきたが、近年はハウス・グルーヴやユニークなビートが特徴的な彼の別名義The People In Fogに焦点を合わせ新作に取り組んだ。デビューアルバム『A Ray of Light』を8年前にリリースした後、アムステルダムにて設立されたレーベル〈Sound Of Vast〉から3枚のEPを発表、中でも“Higher EP”はスマッシュヒットを記録した。

新作の『1977』のタイトルは、多大な影響力を持つシカゴのクラブWarehouseが誕生した年を意味し、パーカッシヴで催眠的なオープニング“South Jefferson”と“Less Is More”で幕を開け、ジャズの美的要素が混在した“No Boundaries”、グルーヴが強調されたダンスフロア仕様の“Come To Me feat. Monkey Timers”、スウィングするドラムや蛇行するベースグルーヴ、そして歌声に重きを置いた“Mr. Dub”など、作品を通じて様々なスタイルのハウスミュージックを表現している。

最後の3曲は、繰り返す303のぎこちないラインや空気のようなパッドの質感、ダイナミックなドラム、クセになるようなヴォーカルフックなどアシッド・ハウスの影響が色濃く出ている。

『1977』は、30年近くに及ぶDJキャリアで蓄積された知識と経験、そしてSodeyama自身の音楽への情熱が1つの長いプレーヤーにまとめられた作品となっている。

型番 SOV018
販売価格 3,740円(税340円)
SOLD OUT

新着商品


Laraaji - Flow Goes The Universe

3,850円(税350円)


Moonchild - Voyager

3,410円(税310円)
SOLD OUT


sUb_modU - Expensive Shit

2,090円(税190円)


DJ Seinfeld - Mirrors

4,070円(税370円)


Top